縮毛矯正でくせ毛解消!

スポンサードリンク

縮毛矯正後は絶対にケアが必要

スポンサードリンク

縮毛矯正は、やりっ放しでは髪の傷みがひどくなってしまいます。

 

必ずケアを行うことで、髪質も良くなり、縮毛矯正自体も長持ちさせることができます。

 

美容院で行うときには、栄養剤などを使用して、髪の傷みを防止してくれますが、それだけでは追いつかないのです。

 

ですから、自宅にかえってからのアフターケアは絶対に必要です。

 

じゃないと、せっかくの縮毛矯正のやった甲斐がないというものです。

縮毛矯正後の基本的なアフターケア

縮毛矯正後のケアとして、シャンプーやトリートメントを縮毛矯正のケア専用のものに変えることをオススメします。

 

また、シャンプー後は必ずトリートメントをお忘れなく。

 

そして、ヘアアイロンは原則使用しないことです。

 

洗髪後はしっかりと乾かして、濡れたままでブラッシングは厳禁です。

 

必ず寝る前には、髪が乾いていることを確認してください。

 

以上のことが、基本的なアフターケアになります。

 

ヘアアイロンに関しては、必要なくなってしまいます。

 

シャンプーやトリートメントも、できればダメージヘア用のものを使うことで、よりつややかなストレートヘアを長持ちさせることができます。

縮毛矯正ケアとカラーリング

スポンサードリンク

縮毛矯正後のケアと同時に、美容院から帰宅後、1週間くらいは髪に対して圧力をかけないことをおすすめします。

 

具体的には、髪をしばらない、帽子をかぶらないなどです。

 

カラーリングを考えている方は、縮毛矯正前に行うことをオススメします。

 

縮毛矯正後は色が入りづらくなっています。

 

しかし、このカラーリング、縮毛矯正直前に行うと、髪の傷みはWパンチになります。

 

行った場合は、よりアフターケアを徹底してください。

スポンサードリンク