縮毛矯正とストパー(ストレートパーマ)の違い

スポンサードリンク

縮毛矯正とストレートパーマ 効果の持ちが違う

スポンサードリンク

縮毛矯正と同じようなしくみのストレートパーマ。

 

しかし、内容は少し違います。

 

簡単に言うと、縮毛矯正は自分の髪をまっすぐに矯正をすることを言います。

 

生える部分からまっすぐ真下に伸びるように矯正をしますから、効果がある間は、ストレートヘアになるとができます。

 

ところが、ストレートパーマは、今の髪をただまっすぐにするだけで、パーマ剤が取れたら、また元通りになります。

 

見た目は同じストレートヘアになりますが、その効果の持ち方が違います。

強制的か自然な仕上がりかの違い

縮毛矯正は、強いくせ毛のある方に特にオススメです。

 

まっすぐにするのですから、お手の物、それは強い薬剤を使って、アイロンなどで強制的に矯正をするからです。

 

ケアをして、それなりの良い縮毛矯正の場合は、半永久的も効果が持続すると言われていますが、実際、半年くらいは持つと思ってください。

 

ストレートパーマはすぐに取れてしまうものですが、期間にしたら1ヶ月前後はOKです。

 

強い薬剤を使用せずに、自然な仕上がりにしたいという方、かえってストレートパーマの方が良い場合もあります。

きっちり?ゆるゆる?

スポンサードリンク

きちんと分類をするとしたら、強い縮毛矯正と弱いストレートパーマというのが、簡単な分け方になります。

 

また、ストレートパーマの場合は、どちらかというとパーマをかけた髪をもとに戻すという表現をすることもあります。

 

何れにしても、すぐに取れてしまう点においてはストレートパーマと確認しておくと良いかもしれません。

 

本質的には、縮毛矯正とはきっちり分けられています。

スポンサードリンク