縮毛矯正の手順

スポンサードリンク

縮毛矯正を始めましょう アレルギーは大丈夫?

スポンサードリンク

縮毛矯正の手順は、美容師によって多少の違いはありますが、だいたいの基本の流れは同じです。

 

所要時間は、3時間以上を見ておくことから、予約が必要になります。

 

そして、大切なカウンセリングを行います。

 

薬剤を使用するため、アレルギー等の質問の正直に回答をしてください。

 

疑問や不安な事も、一応聞いてみてください。

 

縮毛矯正の前には、シャンプーをしてから、髪に栄養剤を施します。

 

これをすることで、縮毛矯正の仕上がりに違いがでます。

縮毛矯正の途中で使う栄養剤の存在

縮毛矯正をかけるときに、その美容院の前処理段階で確認してほしいことは、薬剤を使用する前に、

髪の生え際にクリームを塗布するかどうかです。

 

これは、薬剤が直接皮膚に触れないためのことであって、この配慮はとしても嬉しいことです。

 

できれば、縮毛矯正以前の前処理について、確認することをオススメします。

 

いよいよ薬剤を2種類付けることになりますが、最初の1剤をつけて浸透させて洗い流します。

 

縮毛矯正では、この後ヘアアイロンで伸ばす場合がありますが、その美容院によります。

縮毛矯正で傷む髪への配慮

スポンサードリンク

縮毛矯正の1剤のあとは、2剤を付けることになります。

 

そして、これも浸透させて洗い流します。

 

この時点で、縮毛矯正の作業は終わりになりますが、ここでも髪に栄養分を施す美容院が良いでしょう。

 

毛染めも同様ですが、薬剤を髪に付ける時点で、かなり傷みを生じることになります。

 

この栄養分というのは、それを補うもので、髪の傷みが全く違うと言われています。

 

最後にキレイにブローをして、縮毛矯正が出来上がりになります。

スポンサードリンク