縮毛矯正の種類

スポンサードリンク

縮毛矯正の種類はいろいろ

スポンサードリンク

縮毛矯正と一口で言っても、種類別に見ていくと様々な方法、縮毛剤があります。

 

その方のくせ毛度合いによって、美容師の見立てによっても、どの様な種類の縮毛矯正が良いかということになります。

 

基本的に手順などは同じ事で、薬剤を使って、髪をやわらくすること、そのときにブローをしたり、アイロンを使ったりという事で、その縮毛矯正の種類が変わってきます。

 

ですから、自分に合う縮毛矯正はどれ?というのはを知るのはとてもむずかしく、とりあえずはお世話になる美容師の目と腕に頼るしかないといったところです。

ブロー法とアイロン法

縮毛矯正の種類として、2剤のあとの髪の表面のコーティング後の処理について、ブロー法とアイロン法があります。

 

これは、1剤をつけたあとに、髪に熱を加えて髪をまっすぐにします。

 

そして、2剤でくせ毛にならないように矯正をする仕上げの段階です。ブローは自然な形に仕上げることになりますが、アイロン法は170度前後の熱で、髪を矯正していきます。

 

もちろんアイロン法がしっかりと矯正されることになりますから、まっすぐヘアを強く願っている方には、アイロン法がお勧めです。

 

一般的な縮毛矯正になります。

薬剤の種類

スポンサードリンク

縮毛矯正を薬剤の種類からみてみると、実にたくさんの種類のものがあります。

 

価格もそれぞれですが、いわゆるパーマ液を使用することで、含有する薬品の量などで、それぞれ縮毛矯正の度合いが変わってきます。

 

これまでは美容院だけで行うものでしたが、最近ではドラッグストアなどでも手軽に縮毛矯正が買えるようになりました。

 

専門的じゃないからダメ?と言うよりは、効果が短いという点がありますが、その分価格は安くになっています。

 

美容院においては、美容師の腕に任せるしかないです。

スポンサードリンク

縮毛矯正の種類記事一覧

ポイント縮毛矯正

縮毛矯正は、直毛ヘアスタイルの実現です。くせ毛をまっすぐにすることで、例えば寝グセを防ぐ、髪が伸び始めたころにできるへんてこりんなうねり防止のために行うことが多いと言われています。しかし、ちょっとしたヘアスタイルの変化を楽しみたいということで、ポイント縮毛矯正もできます。要するに髪全体ではなく、一部...

≫続きを読む

 

前髪|ポイント縮毛矯正

縮毛矯正をするときに、前髪で悩んでいるという方、いらっしゃいませんか?後ろ髪と同じように縮毛矯正をかけると、都合の悪いことに。後ろ髪や横髪は、ぺたっとしたストレートになれば良いのですが、前髪の場合、おでこの出っ張りが人によって違います。要するに骨格の違いですね。おでこがない人やあまり広さもない方は、...

≫続きを読む